2014年06月30日

スワップポイントとは

取引した2通貨の金利差をスワップといいます。

高金利の通貨を買い、低金利の通貨を売れば差引で金利を受け取り、逆の場合は支払うことになります。
スワップポイントとは、その受け取り金利と支払い金利を1日・1万通貨当たりで示したものとなります。

スキャルピング狙いの短期デイトレード派という方はともかく、長期保有派の方にとってスワップポイントは安定して利益を獲得できます。

現在日本は超をつけても良いほどの低金利なので買いポジション「安く買って高く売る」を続けて豪ドルのような高金利通貨を保有しているとその金利差分のスワップポイントが獲得できます。

逆に売りポジション「高く売って安く買い戻す」場合はスワップポイントを支払うことになります。
このように、スワップポイント狙いの取引では、高金利通貨の買いポジションが適しています。

posted by 坂上 at 13:10| Comment(0) | FX | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。