2014年06月30日

儲かりたい!どうすればいい?

個人としてFXで利益をあげるには、相場の流れで高く売り安く買うことで利益をあげるか高金利の通貨を買うことで金利で利益を得るかの二通りあります。
しかし、どちらも相場の流れに左右されますから安定した利益を得ることは非常に難しい話です。

利益を得るかどうかは別にして、相場を張ろうとする限りは道具が必要になります。
最低でも次の二つは用意することです。
 ひとつは、取引する通貨の過去のデータです。
できるだけ長い期間のデータを集めて記帳します。
デイトレードを別にしますと、普通は日足(一日毎のデータ)でとっていきます。
内容は、一日の終わりに定まる清算値のみをとる場合と、一日のうちの始値、高値、安値、清算値の四本をとる場合が一般的です。

この他に取引高をとる場合もありますが、FXの店頭取引では公表されていない事も多く、たとえ公表されていてもあまり参考にならないと思います。
ただし、取引所取引では公表されていますので参考にしても良いでしょう。

もうひとつは、取引の内容を記帳するものです。
これは、売り買いした日の日付、売買価格、数量、損益、手数料などを記録していきます。
また、同時に預け入れ資産の増減も記録します。

これらを記録する用紙は市販されていますので、長年使える丈夫なものを使用したいものです。
後は、データを図にしたいわゆるチャートを描くこともあります。
これは、方眼紙を使って日足で描くことが基本ですが、人によってはテクニカル分析などで使われるチャートを描くこともあります。


posted by 坂上 at 13:07| Comment(0) | FX | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。